blog

ブログ

小顔は舌から ~小顔に最も近づくストレッチ&トレーニング

【小顔の条件】

  • 骨・・・頭部・顔面部・咬み合わせのバランスがとれていること
  • 筋・・・顔面部の筋、特に喉・顎の筋肉の過緊張を緩めること
  • リンパ・・・耳・舌の付け根にあるリンパ・静脈の流れに滞りがないこと

    これら3つ全てに関係し、バランスを崩す要因になるのが舌や喉の緊張

     

    現代人の多くは、言いたいことを我慢することで、
    喉や舌の奥部分を緊張させていたり
    無意識のうちに歯を噛みしめてることが非常に多いです
    (食いしばり・歯ぎしりも然り)

     

    その緊張を緩めることで、顔全体のリンパの流れが良くなり
    顔の筋肉や骨のバランスが本来ある状態に戻すことも可能ですキラキラ

    「耳の下」「舌の付け根」「喉」にかけては
    リンパや静脈の大きな本流
    となっています
    (川の流れが次第に集まり、大きな本流をつくるイメージ)

    つまり
    顔の余分な老廃物やむくみを流す上でも、とても重要な箇所ですエル

    何かを飲み込もうとする時
    喉の上部や舌の付け根・耳の下あたりが緊張する

    その緊張によりそこを流れるリンパや静脈が圧迫される

    流れが滞りやすくなる

同じように・・・
言いたい事を飲み込む

喉上部・舌の付け根・耳の下に緊張が起きる

リンパ・静脈が滞る

  • ストレスを抱えていたり、緊張状態が続くと
    喉や舌の奥が詰まった感覚がする事や
    舌が回らなくなる(噛んでしまう)のはこのためです指

    逆に舌をほぐすことで、
    つながっている喉の上部や耳の下あたりがゆるむと
    リンパや静脈の流れが良くなり、心の緊張もほぐれ、
    顔の強張った筋肉も緩みますおぉ!
    (バランスが整いだします)

     

    セルフチェック
  • 鏡を見ながら、舌を上の歯の裏につけるようにする。
  • 舌の裏の青筋(舌下静脈)がはちきれそうに盛り上がっている時は要注意。
  • 舌や喉の緊張で静脈が圧迫され、流れが滞っている証拠。 

    オススメ舌ストレッチ&トレーニング
  • 唇を閉じ、舌を2~3秒に1周のペースで歯の外側(表面側)で回す
  • この時、口が開かないよう唇は閉じたままに抵抗する
  • これを右回り・左回り各連続20回×1日3回行う

    とてもシンプルだけど、滞ってる人ほどとてもしんどいはずにゃ

初めて杉山自身が実践したとき、
片方10回くらいで超しんどくなって頭痛くなりましたあせ

ですが、続けていくうちに、なんなくできるようになるのが不思議です・・・。

人前でやるとちょっとびっくりされると思うので
「この時に絶対やる」というタイミングを決めておくことをお勧めしますネコの肉球

ちなみに杉山はウォーキングの時歩く
特に夜はすれ違う人でもいない限り安心してできますぺこ

お風呂の時でもいい、
通勤中のバス(後部座席でミラーで見えない角度とか)でもいいですねがんばる

大事なのは毎日やること
歯磨きと一緒ですかお

このトレーニング、小顔効果はもちろん

  • 目が大きくなる
  •  法令線が薄くなる
  •  二重あごの解消
  •  顔の歪みを整える(バランスが良くなる)
  •  くすみがなくなる

という、嬉しい相乗効果もあります!
速い人は数日後から実感が持てるはずなのでぜひおー

施術ですぐに小顔になりたいときは
長崎市のエステサロン・ビューティサロン月輝のオリジナル技術
最速小顔メソッド プレミア】を是非お試しくださいませ♪

ご予約