blog

ブログ

量によってSPF50の日焼け止めもSPF3に・・・

日焼け止め製品に表示されているSPF値は
1c㎡の皮膚に対し2mgの日焼け止めを塗布したときの数値です

顔の大きさにもよるけどおよそ顔全体で500円玉大500円玉
液状のものでは手のひらで直径5cmくらいの量)
※人間の顔の面積は、平均約560c㎡でA4版くらい
 
サンプルが平成十五年のしかなかった件・・・

なるほど!というかなりの量になる計算です・・・。

実際、平均的にその4分の1程度しか塗っていない人が多いと言われていますにゃ

塗る量が半分だと効果も半分?
(SPF50の日焼け止めはSPF20になるのか)

いえいえNO
半分どころか、4分の1くらいになると言われていますガーン(製品にもよる)

つまり、塗る量が4分の1だと効果はもとの数字の16分の1に・・・ガクリ

50が3程度にまで下がるということです

SPF15未満のものは日焼け止め効果があると言えないので
SPF3では塗っていないのとほぼ同じですあせ

紫外線対策をそれなりにしていたつもりでも30代半ばくらいになると
多くの人がシミを発見することになるのはこのためです

やじるし塗る量が圧倒的に少ない

 

たっぷりつけて損はしない
惜しみなく使うべきですエル

ご予約