今回は日焼け止めに使われている成分についてお兄さん指

もっとも、日焼け止めだけでは紫外線対策とはいえませんしーん。

SPF値が高い日焼け止めを塗れば、何となく安心感はあるものの
その塗る量が少なすぎたり、汗で流れてしまったりと不備は出てくるものです

ですが一番取り入れやすく基本的なケアは日焼け止め日焼け止め
詳しくみていきますきらーん

 

大きく分類すると「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」に分けられます

1 紫外線散乱剤

紫外線を跳ね返す成分
皮膚の上に膜を張り、鏡のように紫外線を反射する

(酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム、タルク 等が使用される)

<メリット>
・肌に負担が少なく、子供用や敏感肌用として販売されている
・崩れたり取れない限りは効果が持続する

<デメリット>
・粉は肌の上で水や脂を吸着するため、乾燥を感じる場合がある
・塗ると肌が白っぽくなることがある

2 紫外線吸収剤

肌の上で紫外線を吸収し、熱など別のエネルギーに変えて放散する物質
(パラメトキシケイ皮酸2オクチル、オキシベンゾン、パルソールA、サリチル酸2オクチルなどが使用される)

<メリット>
・さらっとして透明で使用感が良い
・様々な形状に加工しやすい(ジェル・スプレー・ローション・化粧下地兼用等)
・濃度を高くすることで高いSPF値を簡単に実現できる

<デメリット>
・紫外線を吸収しながら科学変化を起こしていくため、肌に負担がかかる
・塗ってから時間が経ち紫外線を吸収し尽くすと効果が下がるものがあり、こまめな塗り直しが必要

一つの判断材料としてはやはり価格¥
極端に安いものはやっぱり簡単に作れるもので、基材もそれなりだったりしますあせ

あと、余ったからといって翌年に繰り越すなんてのもNGNG
もっとも年中必要なものではありますが・・・・・・。

例えばお顔とボディ用に使い分けて使用していて
「ボディ用は冬使わないから、来年の夏に」なんて事をやってると
酸化したり品質が変わったりして効果が見られない事もムンクの叫び

翌年に持ち越すのはNGですNG