食品として摂る油には積極的に摂るべき「良い油」と身体にとって必要のない「悪い油」がある
以下は悪い油の例↓

1 過酸化脂質
「油」が空気に触れたり、加熱されると酸化されて過酸化脂質に変質あへへ
→腐った油(有害な活性酸素そのもの)ばいきん

身体の中の油をどんどん酸化させていく超悪玉
腸の中が酸化すると腸の汚れも進み、酵素を無駄遣いさせる

居酒屋の揚げ油、時間が経ったフライ、長時間寝かせたカレー、スナック菓子など
 

2 トランス脂肪酸(人工的なプラスチック)
液体の「油」の性質を変えて、強制的に固形化した脂がトランス脂肪酸
体内では全く代謝できない

トランス脂肪酸は血管内で固まりやすく、中性脂肪や悪玉コレステロールを増加させる原因
→血液ドロドロ、代謝機能の低下(ダイエットの妨げ)

代表的なトランス脂肪酸はマーガリン
スナック菓子、菓子パン、コンビニチョコレート、ファストフードに含まれるショートニングなど

  
「マーガリンは摂らないでバターにする」としても
日本では実際には日常の様々な食品に添加されているので要注意

3 過剰なリノール酸(大豆油、コーン油、サラダ油)

リノール酸が多く含まれた植物油(オメガ6油)は、必須脂肪酸のひとつ
しかし過剰に摂ると病気の元になる
→脳卒中、心筋梗塞、癌など

スナック菓子、マヨネーズ、加工食品などに多く含まれる
 

リノール酸を摂るときは、α-リノレン酸油を同時に摂ると、前者の悪影響は一掃できる

「過酸化脂質」「トランス脂肪酸」「リノール酸」の過剰摂取による
「オメガ3」と「オメガ6」の摂取比率

理想・・・1:1~1:4
現代人の現状・・・1:10~1:50

オメガ3は食品で摂取するのは難しく、その食品の種類にも限りがあるので
定期的に摂取できるサプリメントがスギヤマ個人的にはオススメネコの肉球
 

参考記事
クリックオメガ3を効率良く採れる「クリルオイルグランプロ」