肌の角質層では角質という硬い皮と皮脂膜という油で
外からの物質の侵入を防ぎ、体内のものの流出を防ぐ役割バリア機能】を持っています

参考記事
クリック皮膚を詳しくみてみよう~角質層

ところが、日常生活の中でバリア機能を自ら壊している場面があります

  • ボディソープなどで体を洗ったとき
  • 入浴剤入りのお風呂に入ったとき
  • シャンプーなどで洗髪したときや髪を染めたとき、育毛剤を使ったとき
  • 洗顔フォームなどで洗顔したとき、メイク落としをしたとき
  • 有効成分と呼ばれるものを肌に浸透させようとするとき

 

「洗うとき」「何かを浸透させるとき」が危険であり、バリア機能が壊れるということです
 

合成界面活性剤がどちらにも関与しており、
それが入っている洗剤や化粧品が皮膚のバリア機能を壊しています
(因みに、洗っているときより浸透させているときの方がダメージが大きい

例えば「美白剤」とよばれる有効成分お兄さん指

表皮の一番下の部分にある基底細胞層にあるメラノサイトに届けるため
皮脂膜を壊さないと、美白剤は効果を発揮しにくいということになります

美白化粧品は美白剤を浸透させるためにバリア機能を壊し
そのために浸透剤を入れているのです

「バリア機能を壊すやじるし」異物や刺激物も肌に浸透するやじるしシミができやすくなる
・・・悪循環・・・。

バリア機能が壊れた肌はアレルゲンや有害物質が皮膚に入りやすくなり敏感肌に・・・がーん

油分や水分も流出しやすくなり、乾燥肌に・・・がーん

美白化粧品を使って皮膚が弱くなったり、もっとシミができやすくなったという事例は
珍しい事ではなのです・・・白斑被害も然り