blog

ブログ

ビタミン剤は万能ではありません

ビタミンとは?

体内で起こる化学反応を助ける働きをもつ補酵素
体内で合成されないもの

あくまでも「反応を助けるもの」なので、勝手に(単体で)反応を起こすものではない
→つまり、「お助け役」
 

肌が荒れた時に取りあえず「ビタミン」を採っておこうという認識は多いけど
実は睡眠が足りてなかったり、タンパク質などの栄養素が足りてなかったりする事の方が
圧倒的に多いのです・・・

現代の日本の食生活で、健康な成人においてビタミンが不足しているという事態は
実はあまりありません

野菜を採らなくても、肉や魚にもある程度ビタミンは入っていて
知らずに採っていることも多いです

「肌が荒れると取りあえずビタミン」ではなく
自分の生活習慣を見直すことが最重要、特に睡眠に関しては・・・たまごっち

 

ちなみに日本人に比較的に欠乏しやすいのは「ビタミンB1」で
糖質をよく採る人、アルコールを採る人(・・・いずれもまさにスギヤマ)はちょっと注意

アルコールなどの糖質を代謝する際にビタミンB1が消費されます

神経系の調整にも働くビタミンなので不足には注意したいもの・・・

年月が経つごとに自律神経が乱れているのが自分でもよく分かるし
糖質をうまく代謝できずに太りやすくなっている気がします・・・。

・・・やっぱりビタミン剤は万能ではないとは言ったものの
そもそものビタミンの働きってすごいとも思いますしーん。

ご予約