blog

ブログ

身体に重要な油★新鮮な青魚、それともサプリで摂る?

現代人の食生活で一般的に圧倒的に摂取量が少ないのがオメガ3系脂肪酸 
この摂取バランスの乱れは、免疫バランスの乱れを引き起こすことが分かっています

多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)・・・体内で作られず、食事で摂るしかない

<オメガ3系脂肪酸>
DHA(ドコサヘキサエン酸)
EPA(エイコサペンタエン酸)
α-リノレン酸 など
サンマやサバ、イワシなどの青魚に多く含まれる(但し、新鮮なもの)

圧倒的に摂取量が少ない上に
対してオメガ6系脂肪酸の摂取量が圧倒的に多いのが、現代人の食生活です(^_^;)

<オメガ6系脂肪酸>
リノール酸
大豆油
コーン油
紅花油
サラダ油
マーガリン など

オメガ3は細胞膜を柔らかくし、オメガ6は細胞膜を硬くする
オメガ3は炎症を抑え、オメガ6は促進させる
バランスが大切です!

一価不飽和脂肪酸<オメガ9系> (オレイン酸、オリーブ油など)・・・体内で作られる

<必須脂肪酸の主な働き>

1 細胞膜や脳細胞を構成する

2 「局所ホルモン」として様々な体内機能に左右する

細胞から分泌されるホルモン様物質を「局所ホルモン」「細胞ホルモン」と呼び、
アトピー・喘息・花粉症などと密接な関係にあります

比較的安い食用油にはオメガ6系脂肪酸が多く、多用されています
(外食で食べるもの、テイクアウト、加工食品 等)

オメガ3系脂肪酸は不安定で、加熱に弱いので調理には不向きです
「摂りだめ」ができないため、身体のためには毎日コンスタントに摂り続ける必要があります

個人的には、オメガ3系脂肪酸ほど
最もサプリメントで摂る形が効率的で適しているものはないと思っています

ただ、やっぱりサプリだと何でもいい、というものではなく
オメガ3系脂肪酸が壊れているものが多かったりするので選ぶのも慎重に!

当サロンでおすすめなのが
エステプロ・ラボ【クリルオイルグランプロ】

 

■120粒入り ¥7000(税別)
■10粒入り ¥1000(税別)
■生産国:日本
■賞味期限:製造より2年

オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸、
自律神経の「交感神経」と「副交感神経」のバランスと似ていて
どちらかを多く取ればいいというものではありません

油は身体のひとつひとつの細胞を包む膜の成分でもあるため、とても大切なもの

水と同じように、上質なものを取り入れ、バランスを保つことは大事なことです

ご予約