blog

ブログ

消せるシミと消せないシミがある!代表的なシミの種類

以外と知られていないのが
「シミ」というのは医学的な言葉ではなく厳密な定義はないという事

顔にできた、茶色っぽく見えるものなら何でも「シミ」と呼ばれるとも言えますシミ

 

<代表的なシミの種類について>

老人性色素斑(日光性黒子) 最も多い「シミ」

・後天性。紫外線の長期・繰り返しの照射と加齢が原因。30代から発症しやすくなる
・淡褐色から黒褐色の境界明瞭な円形の色素斑。大きさは様々
60代では100%どこかにできると言われている
エステティックケア有効、少数で濃いシミにはレーザーは有効とされる

肝斑

・後天性。女性ホルモンが関与(妊娠、閉経、月経不順) 30代以降の女性に発症が多い
・左右対称性の淡褐色斑 生理前は濃く見える
エステティックケア有効、レーザーでは効果が期待しにくい(光治療は向いていない)

雀卵斑

・遺伝性。俗称そばかす。3~5mm程度で円形、淡褐色から濃褐色
・思春期までに発症する。紫外線で増加する。女性に多い
プログラムが体に組み込まれているため、完全に消すことは不可能(優性遺伝)
エステティックケア、レーザーともに効果が期待できない

脂漏性角化症

・老人性色素斑から次第にイボのように盛り上がったもの
・表面はボツボツしていて、手の甲などにもできる
レーザー治療でないととれない

炎症性色素沈着

・ニキビ跡や傷の跡などが茶色く残ったもの
・毛穴の炎症跡
・時間が経てば消えることもあるが2~3年要することもある
エステティックケア有効、美白化粧品などの使用

花弁状色素斑

・急に日焼けした後に、肩から背にかけてできる小さなシミ
・よく見ると花びらのような形をしている
レーザー治療が有効

ご自身のシミがどのようなタイプか把握していると
エステサロンでケアできるもの、そうでないものが分かり
無駄な時間と費用をかけることなく、最適な対策もみえてきます

是非ご参考にしてみてくださいエル

ご予約